RSS
 

ゲーム内マネー

Second Lifeでは、【L$=リンデンドル】が通貨になります。

が、この通貨はベーシックアカウントだと何もしなければ1L$も入手できません。

普通のオンラインゲームのようにゲーム内で目的を達成して稼ぐと言う事が出来ないからです。

何故ならば、そんなシステムがないのだから。

昔はキャンプと言う方法でメチャ時間掛っても稼ぐ方法がありましたが、

現在出来るかどうか・・・・

 

プレミアムアカウントならログインしてなくても

毎週300L$のお小遣いがもらえるので、貯めておけば色々使えます。

それ以外はベーシックアカウントと同じです。

 

さて、資金調達方法は一般的なのが土地や家のリース契約や

アイテムを作成してのインワールド内での販売や、

マーケットでの販売で稼ぐと言うもの。

 

ベーシックアカウントではメインリージョンでは無理なので

土地や建物のリースはちょっと難しいかも。

プライベートリージョンを取得してリースするしかないのですが

初期の投資分リアルマネーの1000US$をどう捻出するかですね。

毎月の維持費も2万円ちょい掛かりますし、借り手が居なければ

その分赤字ですし。

アイテムを作るにしても、作れる場所(sandobox)が必要ですし、

アイテム販売は、相当インパクトがあって面白いものや

精巧に出来ているもの、よく出回るものでなければ

インワールドで売ればその店の維持費や何かで赤字必須。

マーケットでも売れるかどうか・・・・

それ以前にオリジナルな柄とか造形とか使いたいなら

ゲーム内にアップする資金が要りますし・・・・

 

で、管理人がどうやって資金調達してるかと言うと、

リアルマネートレードです。

普通のオンラインゲームはこれ、がっつり規約違反になるんですが、

Second Lifeは公認なんです。

って言うか公式でL$要るならトレードするよってシステムあります。

クレカか、peypalで購入になるので使い過ぎには注意。

webmonyは使えないと思った方が良いでしょう.

 

ベーシックアカウントで一切L$使わずに遊ぶぞ~~って言うのも

それはそれで普通にアリなので、否定はしません。

逆に面白いかもしれませんね。

Comments are closed.